2011/12/01

海外旅行トラブル: アッシジのホテル

アッシジのホテルには星はありませんでした。
だから、期待はしてませんでした。
しかし中に入るとかつてない衝撃が!
・・・狭い
たった3畳ほどしかありません。
こんなに狭い部屋は初めてです。
トランクは全開できません。
バスタブはなく、シャワーだけです。
エアコンもありません。
やがて窓の外から叫び声が聞こえます。
窓の外を見ると同行者がテラスの上から叫んでいます。
テラスに出たとたんにドアのかぎが閉まった。助けて~~!
隣の部屋の同行者が助けてました。
気づいたのが日本人でよかったです。
夕食の時に口々に
「1人部屋は3畳しかない」と愚痴ってましたら、
ここは巡礼の地、アッシジだからね。
清貧の祖、サンフランチェスコが祭られてるから、質素なんだよ
すると別のご婦人は
あたしゃ、巡礼者じゃなくて観光客なんだから、そんなこと知ったこっちゃない!
普通にきれいなホテルに泊まりたいわよ!
「なるほど!ごもっとも」のことをおっしゃってました。
シャワーのお湯はことさらぬるかったです
翌日は初めて熱いお湯がでました。
ガイドさんがお願いしてくれてました。
一方、部屋の清掃でタオルが取り付けられていませんでした。
昼間だったのでガイドさんは不在です。
仕方なくフロントに電話をかけてイタリア語でタオルを注文しました。
タオルはasciugamano(アシュガマーノ)といいます。
聞きなれない単語が果たして通じるのでしょうか?
トラの巻き「旅の指さし会話帳」が役にたちました。
イタリアは都市以外では英語はまったく通じません。
次号にトラブルは続く。
アッシジの中学生の少女

0 件のコメント:

コメントを投稿