2011/12/03

海外旅行トラブル:ティボリ ヴィラデステ

ローマの近郊ティボリのヴィラ・デステ(エステ家庭園)というお屋敷&噴水庭園に行きました。
閉館時刻は18:00です。
アマルフィからバスでの移動だったので12:30に出発予定が、
バスのドライバーが「そんなに早く出なくても余裕で着くから大丈夫さ!」と言ったのです。
イタリア人のいうことをまともに聞いてはいけないのに、
ガイドはうっかりその言葉を信じてしまいました。
途中、サービスエリアでトイレ休憩&立ち食いなどしてましたら、どんどん時間が押していきます。
そして、ティボリの駐車場に着いたのが、17:40。
その後は庭園まで徒歩でいきます。
閉園10分前の17:50に到着。
イタリア人~信用できません!
そんな時刻に入って何が見れるというのでしょう!
無謀な観光です。
このときもガイドからチケットを渡されずに中へ入りました。
窓際部長は写真撮りに夢中でやがて同行者とはぐれてしまいました。
そしていつの間にか出口へ出てしまいました。
そこで係員から
マダ~ム。もう閉園ですから~中には入れませんよ~」といわれました。
窓際部長は大汗かいてあわあわ言ってると、
マダ~ム。英語かイタリア語わかりますか?」と聞かれたので
英語を少し」と答ました。
そのときに「行く」と「来る」の使い方を間違えてしまいました。
「私は階下にある入り口から来て、階段を上って、ここへたどり着いた」といったつもりが
「私は入り口から行って、階段を上って、ここに行った」と表現してしまったので
係員は(この東洋人は頭がおかしいのではないか?)という疑いの目で見られ、
「おかしいですね。入り口も出口もここですよ」と言われました。
おまけに入り口からすぐに階段を下りたことに気づかずに
出口までやってきたので話は食い違うのです。
係員はついに「チケットを持っていますか?」と尋ねてきました。
当然ながら先ほどガイドがチケットを配らなかったので持っていません。
正直に「いえ、私はツアー団体で入ったので持っていない。
同行者たちは庭園にいるはずだから庭園の方に行きたい
と精一杯の英語の語彙を使って話をしました。
なんとか通じたらしく、係員は庭園の方に案内してくれました。
次号へトラブルは続く
ヴィラデステ庭園

ヴィラデステ屋敷

0 件のコメント:

コメントを投稿