2011/11/04

海外旅行トラブル:旅も中盤

旅は中盤になりました。
アッシジ到着時のできごと。
窓際部長はフィレンツェで重い本ばかり買ってしまい、
すでに荷物が35kgになっていました。
バスの駐車場はホテルの目の前ですが、何ゆえ小さなホテル。
団体向けのポーターはおらず、100mほどを自力で運ばねばなりませんでした。
途中、荷物がばらけて窓際部長だけ取り残されてしまい、
皆を見失いました。
ホテルが目前にあるのに入り口には「RISTORANTE」としかみえませんでした。
ホテルの入り口が分からずにそのまま隣の坂の上にあるバール(軽食店)まで歩きました。
汗だくゼェゼェ状態で、バール(軽食店)のおばさんに英語で
「ホテルの入り口はどこですか?」とたずねますが通じません。
覚えたてのつたないイタリア語で再度たずねると通じたではありませんか!!
しかし、返ってくるのはイタリア語。
何を言ってるのか聞き取れません。
聞こえる単語をなんとかつなぎ合わせると
「入り口は××ビアンコ××」と聞こえます。
思考をたどると
「ビアンコ?→白い?→白い車があったー!」
今度は下り坂を汗だくになりながらたどり着きました。
ホテルのフロントでは同行者たちはすでにキーを配布され、
ガイドからは完全に忘れ去られておりました。
写真をご覧くだされば、状況がお分かりになるでしょう。
駐車場からホテルまで





次号にトラブルは続く

0 件のコメント:

コメントを投稿