2011/10/07

海外旅行トラブル:フランクフルトでの乗り継ぎ3

フランクフルト発フィレンツェ行きがキャンセルになり、
一同はフランクフルト市内のホテルに泊まることになりました。
1人1部屋の広々キングサイズベッド割り当ての好待遇です。
ビジネスホテルとは思えないほどお部屋は広く、快適でした。
(ドイツ人は広い部屋に住んでるからな~)
と窓際部長は羨みます。
夜は夜食のバイキングまでついていました。
一方、大きな荷物は空港に預けたままで、
着替えや洗面用具を持たない人もいました。
外国は歯磨きのアメニティグッズがつかないのでこういう時は不便です。
こういう事態に備えて1泊分は備えておいた方がいいです。
さて、フイレンツエ行きは3派にわかれました。
1グループ :6:15 ミュンヘン経由フィレンツェ行き
2グループ :8:30 フィレンツェ行き直行
3グループ :17:00 ミュンヘン経由フィレンツェ行き
窓際部長は朝1グループに振り分けられました。
翌朝5:00にホテルをでて、空港に5:30頃到着。
そこで一同が目にしたのは、チェックインカウンターに並ぶ長~い人の列。
2つほどしか開いていないカウンターに1000人以上並んでいます。
一同、唖然としました。
さすが!ヨーロッパ第2の空港!」などと驚いている場合ではありません。
搭乗までに30分しかないのにどうやってチェックインすればいいのでしょう?
みな青くなっていると、一人が機転を利かせて、
たまたま手漉きの係員にチケットをみせました。
するとゲートインできることが判明。
今日こそは順調な滑り出しでゲートに到着。
無事にミュンヘン行きの飛行機に乗ることができました。
悲惨だったのは第3グループの夕方出発組です。
ホテルのチェックアウトは12:00
その後17:00まで空港内で時間をつぶしたそうです。
コンコースが変わると移動ができないので
暗いグレー一色のコンコースAをひたすらグルグル巡ったそうです。
目ぼしいお店もなく、搭乗までの5時間を待ったそうです。
皆さまは行動が慎重です。
外へ観光にはいかないのですから。
窓際部長はたぶん、外へ観光にフラフラ出かけたことでしょう。
次号にトラブル続く。

フランクフルトのNHモルフェルデンホテル

0 件のコメント:

コメントを投稿