2011/08/07

羊羹の行方

ある主任会議でのできごと。
会議のために帰社していたグルメ社員Aさんは鼻が効くのでしょうか?
鬼駒子の食料第一保管庫(冷蔵庫)から羊羮の束を見つけ出し、
「羊羮食おうよ~」を連呼していました。
しかし、鬼駒子は断固拒否しました。
保管庫の中には、

社長の欲しがる柚子羊羮、

とらやの羊羮、

B長土産のぶどう羊羮

の3種が並んでいます。
窓際部長が「いつ食べるんですか?」  と尋ねても
「賞味期限はまだですから」 とおっしゃいます。
どうやら羊羮をぎりぎりまで熟成させている様子です
危険な香りがします・・・。
さて、これらの羊羮は誰のお腹に収まるのでしょう?
…ということを社内でこそこそ書いていましたら、
いきなり出てきました。3種の熟成羊羮
鬼駒子 恐るべしです。
窓際部長の考えていることが判ったのでしょうか?
しばし・・・実食。 幸せのひと時でございます・・・。
羊羮は本社にいる社員全員のお腹に無事収まりました。
めでたし。めでたし。
鬼駒子お薦めは老舗 『とらや』 でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿