2011/08/04

玉ねぎでまた釣っちゃいました

社長が玉ねぎで釣り上げたものがもう1つありました。
前回と同じ手口で
再びいただきものの新鮮玉ねぎを2個持ってお友達に会いに行きました。
なんだか 『桃太郎』 を連想してしまいます。
後日、そのお友達から小包が届きました。
中身は『秋田の大吟醸酒』です。
米所 秋田のお酒は格別でございます。
その日の夕方、社長はいそいそと買い出しに出掛けました。
そして残業する鬼駒子のために、
「お蕎麦でもいかがですか?」 と差し入れをしました。
鬼駒子は美味しそうにお蕎麦をパクついておりました。
次に社長はおもむろに冷蔵庫か『秋田の大吟醸』をとりだしました。
「たしか、ガラスの湯飲みがあったよね?」
と いいながらルンルンで仕度をしています。
買ったばかりのツマミを取り出して

営業部の方々と 酒盛り を始めました。

哀れ鬼駒子は残業のせいでひとり酒盛りに加わることができませんでした。
腑に落ちない顔をして・・・。
しかし社長ってすごいです・・・。ものすごい策士です。
— ちなみに今回のお話は、社長が載せてほしそうだったので、リクエストに応えました。

0 件のコメント:

コメントを投稿